裕福な暮らし、裕福な生き方

ここでは私が考える「お金に振り回されずに裕福に暮らす方法」を紹介します。特に女性はいつも綺麗にご機嫌でいることを心がけていたら、自然とお金もパートナーも幸福も手に入ると考えています。開運、運気アップ、丁寧な暮らし、美容法など幅広く書いていきます。

女性は○○な服を着るだけで恋愛もお金もうまくいく

f:id:chiaki24:20181120212836j:plain

 

 

皆さん、こんばんは

千晶です

 

今日の記事はちょっと長いです

 

 

 

 

 

女性が○○な服を着ると、パートナーはもっと稼ぐようになり、女性を今以上に愛し大切にする傾向があるそうです

 

 

 

その服とは・・・

 

 

「明るい色の服」

 

 

です

 

分かりやすく言うと「お花の色」です

 

 

これは様々な自己啓発書にも書いてありますが、崔燎平さんの「99%の人生を決める 1%の運の開き方」という本が一番説得力がありました

 

(私はこの本が今まで読んだ風水、占いの本で一番ためになったと思います)

 

 

崔さんの本には

 

 

「昨年一年間で僕のところに離婚の相談に来た人が500組。そのなかで450組以上が、暗い色の服装をしていました。僕が占いを始めたこの十数年で、ピンクの服を着て、花柄のスカートを履いて相談に来たことなど一度もありません。またそういう服装の人が「子供が出来ない」「結婚ができない」などと言ってきたことも一度もありません。」

 

 

と書いてあります。

 

 

また男性の服装は黒でもなんでもいいそうです

以下は男性にとって女性が明るい服を着ることがなぜ、どれだけ大切かを崔さんの本から抜粋したものです

 

 

「男性にとっても、妻や恋人など、隣にいる女性が明るい色の服を着ているのはとても重要です。暗い色の服を着ている女性は男性の運気を食いつぶすと言われているからです。では、男性自身はどんな服装をしたらいいのでしょう?実は、男性は何色でも構いません。その理由は、自分が考えるに、男性は「ただの容れ物」だからです。飲み物で例えれば、男性がコップで女性がその中身です。同じコップでも、その中に麦茶をいれるか、ドンペリをいれるかで価値が変わってきます。」

 

 

「昔、僕のカラオケボックスによく来てくれる人がいました。その方が最初に来たときはあまりにも汚いホームレスのような格好でした。ところが、あとから来られたその方の奥さんは、たいへん綺麗な格好をされていたのです。それで一気に「この人ただものじゃないな」と強い印象を持ちました。のちのち仲良くなって話をするようになってわかったのですが、その方は九州でも有数の大きな会社の社長さんでした。そこで僕は尋ねました。「社長、奥さんはいつもすごくきれいな格好をしているのに、なんで社長はいつもそんなに汚い格好をするんですか?」そうしたら社長はわっはっはと豪快に笑い、「おまえはまだ若いね」と言いました。「最初俺を見た時ホームレスと思ったやろ」「正直思いました」「けど俺の嫁を見た時、ちょっとただもんじゃないと思ったやろ」「そうです。思いました」社長が言うには、自分がどれだけぼろぼろの格好をしていても、横にいる女性にきれいな格好をさせていたら、男の価値はそれだけで自然と上がるというのです。「たとえ俺が上下100万円するアルマーニのスーツを着ても、横を歩く奥さんが汚い格好をしていたら俺の価値は下がる。だけどその逆なら俺の価値は上がる。だから俺が着飾る必要はないけど、『お前がきれいにしとかないと、俺の顔がたたん。』といって、どれだけ金がないときでも奥さんにはきれいな格好をしろって言ってたよ。」

 

 

「どういう女性が横にいるかによって、男性の運は変わる。そして、運のいい女性というのは、明るい色の服を着る確率が高いということです」

 

 

 

私はこの本を読んでから、暗い色の服を彼の前で着るのは一切やめました

元々明るい色の服を着ていましたが、ごくたまにネイビーや黒と白の千鳥柄のワンピースなどを着ていたからです

 

 

 

でも実は私は夏頃に珍しく黒のトップスを着ていました

「黒は大人っぽく見えるしたまには着てみようかな」という軽い気持ちでしたが、その時期は彼は全然出かけにも連れて行ってくれないし、渡すお金も今よりずいぶん少なかったです

 

 

そして崔さんの本を読んだのが1ヶ月ほど前

それから彼とデートの時はもちろん、パーティーなど彼のパートナーとして出席するときは、今まで以上にきれいにいることを心がけています

白やピンクの服を着ることはもちろん、お化粧も明るい色をつかい、きちんと美容院でヘアセットもします

最初は「ちょっと気合いが入りすぎてるかな?」とも思いましたが、彼もすごく褒めてくれるし、着飾らないよりはいいかなと思って今はきれいでいることを楽しんでいます

 

 

 

たったこれだけで裕福な暮らしも、幸せも手に入るなら、やってみる価値はあると思います